話題の自己血オゾン療法でアンチエイジング!慢性疲労改善にも効果的

血液クリーニングについて知りたい

自分の血を使ったオゾン療法とは

健康的になるアンチエイジングのための療法は色々なものがありますが、体の内側から若返りを目指したいというときに近年注目されているのが、自分の血を使った自己血オゾン療法になります。

自己血オゾン療法は、採血した自分の血の中に医療用オゾンを加えて反応させて、活性化させた血液を再び体内に戻すというものです。

酸化力の高いオゾンに反応させた血液を体内に戻すことで、
代謝と免疫力を活性化させることができます。
体内にオゾンに反応させた血液を戻すことで、血液は身体中に行き渡り
全身の細胞を活性化させアンチエイジングに繋がっていきます。

若返りに繋がる

他にも自己血オゾン療法は、赤血球の酸素運搬機能を高める、
血管を拡張して血液をサラサラにすることで循環が良くなるなどの効果が得られます。

これに合わせて糖・脂質の代謝や基礎代謝なども高まります。
血液の流れを良くして体の基礎能力を高めるという治療方法で、
日本ではあまり知られていませんが海外では一般的な治療方法となっています。

アンチエイジングをしたい、動脈硬化・関節などの疾患、がん治療など様々な病気に応用されていることから、日本でも効率的に病気の予防がしたかったり、内側からエイジングケアを行いたいという人には特に向いている治療と言えます。

慢性的な疲労にも効果的な理由

オゾン療法は、アンチエイジングだけではなく慢性疲労にも効果的です。
血行が良くなることで、疲労に対しても効果を発揮するという仕組みとなっています。

他にも冷え性や肌荒れなどにも対応し、デトックスなどにも役立ちます。
酸素を豊富に含んだ血液は体の末端まで酸素を運ぶため、
肩こり・頭痛などの慢性的な症状にも効きます。

日頃のストレスによって溜まった活性酸素を効率的に除去する上、
二日酔いなどにも適応することからよくお酒を飲むという人にも有効な治療です。

お酒を飲む習慣

慢性疲労に悩んでいるという場合には、定期的にオゾン療法をすることが良いとされています。定期的に施術を受けることで、疲労を感じにくい体質になることができ、病気の予防にも役立ちます。

また、特徴的なのが他の点滴療法などとも組み合わせることができ、相乗効果が期待できます。オゾン療法を受けた後に、ビタミンC点滴療法などを組み合わせることで活性酸素を効率的に除去して免疫力を高め、血液の流れを改善して自然治癒力を高めることも可能です。

ただし、オゾンの投与量が多い場合にはだるさや抗凝固剤による
痺れなどの副作用が出てくる場合もあります。基本的には安全な療法ですが、
きちんとカウンセリングなどを行ってくれるクリニックで行うことが大切です。

Copyright(c) 2019-2022 勇気を持って血液お掃除 血液クレンジング療法について All Rights Reserved.