血液をサラサラにするメリット

血液クリーニングについて知りたい

美白効果が期待される主成分

健康的になる 化粧品で使用されるプラセンタ点滴は主に美白効果を期待して使用される主成分です。これは、海外による実験結果でプラセンタを含んだジェルなどの溶液が傷に反応し傷を再生させることが出来るという実験があり、ポビドンヨードを含んだ消毒液を使用して肌の再生を促す場合とプラセンタ点滴を使用して肌の細胞を修復させるのでは、傷の感想を遅らせた上で傷を修復することが出来ると分ったのです。

そこから研究が進み、プラセンタ点滴は化粧品として
代用できる主成分として注目され始めたのです。

注目の化粧品

この肌を白くするという部分は、肌が再度生まれ変わったことを指し、
実際に漂白などにより肌が白くなったのではなく、元の白い肌に戻ったことを指し、
プラセンタ点滴を含む化粧品を使用することで肌の修復期間が短くなり、
元の白い肌に近づいたと推測されます。

なおプラセンタ点滴自体の主成分ですが、この主成分は人間の胎盤に
含まれている成分をプラセンタと呼びます。

その主成分の中に、アミノ酸やミネラルにビタミン取った栄養素を含んでおり、
それらを美容品に含ませることで美白効果をもたらすと言う物で、
肌が生まれ変わったとされるのは、細胞がいち早く新しいものに変化したことを指します。

プラセンタが医薬部外品である理由

まず、プラセンタは高濃度化においてはとても強い肌の細胞を復活させる
効果があるのですが、高濃度化のプラセンタを使用することには問題があるのです。

いわゆる副作用と言う物で高濃度化のプラセンタ点滴は、肌の細胞を修復するが
短期間しか使用できず、長期的に使用した場合、安全性が認められていないため、
分類としては重病などを治療する医薬品とした扱われるのです。

医薬品として使う

では、医薬部外品とは何かですが、この分類は医薬品ではないが
効果は認められている主成分を人体に影響が出ない割合を
含ませたものであるという意味です。

つまり、副作用が出ない範囲でプラセンタ点滴を含ませた商品で
治療には使えませんが、予防に使用することが出来る製品で、
個人差は生じるか一応厚生労働省が許可をして効果があることを
認めた商品であるという意味が医薬部外品になるのです。

プラセンタ点滴の有効性が認められたものでかつ、副作用があってはならない
日常使用する製品に記載する表記であると考えると分りやすいです。

では、化粧品と言う分類はどうかと言うとこちらは、まったく予防効果を含む成分が
配合されていない物を指します。その為医薬品やその他の表記と比較すると
あくまで美容目的で使用されるものを化粧品と言います。

Copyright(c) 2019-2021 flewry blood. All Rights Reserved.